導入企業様の声

焼肉食べ放題すてきや 千葉店様

店舗DATA
エリア : 千葉市
業態  : 食べ放題焼肉店
席数  : 300席
e-menu設置数 : 45台
こんな店舗・企業にオススメの事例です
  • お客様から注文を受ける方式の食べ放題店
  • 注文量が多いが、従業員の数が足りない
  • メールマガジンなど、モバイルサービスで来店促進をしている
店長本田和樹様プロフィール

店長:本田和樹様
焼肉食べ放題すてきや千葉店店長様。すてきやでは月3回の社内経営勉強会があるということで、この日も朝から参加されていたそう。勉強会で培ったアイディア力を生かし、お店を盛り上げています。

焼肉食べ放題すてきや外観
焼肉食べ放題すてきや店内
タッチパネル焼肉食べ放題すてきや

「回転率UP!
更に余裕を持ったオペレーションへと向上」

Q. e-menu を導入されたきっかけをお聞かせください

元々この場所では、通常の焼肉店をしていました。それを「お客様から注文を受けてご提供をする」という方式のテーブルオーダー式の焼肉食べ放題の店舗を始めるにあたって、タッチパネル型のセルフオーダーを考えたのです。テーブルでオーダーできる仕組みで、成功しているお店はセルフオーダーが導入されているケースも多いので、そういうお店に実際に見に行ったりして、これなら必要だと思って。

Q. 食べ放題の業態へ転換する時に、e-menuの導入を判断されたということですが、実際に導入した後の従業員の方の反応はどうでしたか?

特別ありませんが、こちらの感覚値ではe-menuを導入することで、従業員への接客教育やハンディでの注文方法などの教育をしなくても、みんなわかってくれるのでとても良かったです。何せ注文の量が多いので、ハンディで注文を受けると時間がかかりすぎたし、前はテーブルにファーストオーダー用の紙と鉛筆があり、お客様にそれを記入して頂き、それをもらって従業員がハンディで打ち込んでいたので、どうしてもタイムラグが起きていたんです。また、それをしている間に、他のお客様がテーブルで待っている----このような様子を見ていて、とても効率が悪いと感じました。食べ放題業態へ転換するに当たって、接客レベルは落としたくない。そうなると、運ぶだけかもしれないけれど、セルフオーダーを使った方が、従業員にも余裕ができるので、効率が良いと思う選択肢を選んだのです。

Q. では、お客様からの反応はどうでしたか?

使い易いという声もある反面、面倒くさいという声があるのも事実です。ただ、そういう時は、従業員を呼んで下さいとお伝えして、従業員で対応をしています。また、家族連れで来店される方が多いのでお子さんが「タッチパネルが楽しい」といって喜んで使ってくれています。

焼肉食べ放題すてきや店員の皆様

Q. お客様の反応も良いし、従業員の方も余裕を持って応対ができるという部分では、導入する前と比べて回転率やお客様の数も上がったのではないでしょうか?

回転率はとても上がりました。e-menuを導入する前(食べ放題業態の前)は、お客様からの注文を全部ハンディで打っていました。そのため、例えば5組のお客様を通してそれの応対をするのがきつかったのですが、e-menu導入後は倍以上最低でも10組を通せるまでになりました。そのため、余裕を持てるようになりましたし、余裕のない接客はお客様をお待たせしてしまうということに繋がりますので。 また、回転率に比例するようにして、お客様の数ももちろん増えました。特に繁忙期である7〜8月は118%も上がりました。また、店舗のキャパがとても広く(1階と2階のフロア)、席自体はあるが、どうしても運用が廻らなかったので、混雑しても席が埋まるということはなかなかなかったのですが、今では席が全卓埋まっても運用を流せるようになりました。

Q. では、経費について変化はありましたか?

平日に関しては従業員1人分は減らせるようになりましたし、週末に関しても前に比べて2〜3人いなくても営業できるスタイルにはなりました。今までの店舗では週末の時は取りこぼしがないように従業員の数を足りるようにしていたくらいなので。

Q. 現在お使いになっているタッチパネル端末で、モバイルサービスを行っているということですが、会員数についてはいかがですか?

Felicaのタッチ機能を使えてとても簡単なので、メールマガジンに登録してくれるお客様は以前よりも3倍〜5倍は増えました。入会募集中の画面をスクリーンセーバーでも流しますし、もちろんお客様への声がけを徹底させていました。更にQRコードで会員募集をかけるよりも、「楽」ということに尽きます。メールマガジンそのものは、1週間に1回くらい配信をしています、現実的にそれを見てきてくれる方はほんの一握り。ただし今までと分母が違うので、そこは何とも言えないところですが、会員登録をするまでの道のりは軽くなりました。また、今年の千葉ロッテマリーンズ優勝の時には、3日限定で生ビール1杯100円のクーポンをつけましたが、かなりお客様がいらっしゃいましたね。今後はメールマガジンだけではなく、リピート顧客を増やしたいので、スタンプ機能を取り入れていく予定です。

Q. アフターサポートや保守についてはどうでしょうか?

何かトラブルやわからないことがあったらコールセンターにお電話させていただいております。24時間対応365日対応は、飲食店にとってとてもありがたいことです。どうしても営業終わってからになって電話かけることが多いので、23時を過ぎてしまうので。

焼肉食べ放題すてきや客席

Q. そのほかにアスカT3に対するご要望があればお願いします。

要望は営業担当の方に全部伝えちゃっています(笑)メニュー更新勉強会でメニュー作成のアドバイスも聞きたいので、是非他の従業員と一緒に伺いたいと思います!


PAGE TOP