経営理念

経営の目的

  • 1.社員・家族の幸福を実現させる
  • 2.社会で役に立つ存在になる
  • 3.経済合理性も併せ持つ存在となる

使命

効率アップとサービスアップ(感動接客)が両立できることを明確にする役割を担い、
その役割において社会貢献度No.1企業となる。

経営理念

『明るく・素直・前向き』なASKA-T3グループは、快適なホスピタリティについて、専門家集団として
社員・家族とお客様と共に成長・発展し、共に幸せになり共に社会貢献し続けます。

人事理念

社員・家族の幸せづくりを優先することがお客様の幸せづくりに至る道と信じ、とことん追求していきます。

クレド(信条) Credo

1 快適なサービスを増加させる為に、目の前にある小さな仕事を丁寧に。
10人に1人しか気づかない事も一生懸命、心をこめて行う。「ラスト10%のツメ」にまでこだわります。
2 アスカティースリーのスタッフは、1人ひとりが「感動接客」の専門家。
コミュニケーションの基本は、「ポジティブな言葉で始まり、ポジティブな言葉で終わる」です。
3 仕事に関わるすべての人の悪口を言わない。
悪口ではなく、ほめてあげよう。長所を伸ばすことで、欠点をカバーできます。
4 「すべての答えは現場にある」という考え方で、問題点・課題を見出し、解決する。
いくら優れた戦略を構築しても、現場でそれが受け入れられなければ、実行性は低くなってしまいます。
5 「過去はオール善」を前提として、「今後はいかにすべきか」に焦点を当てる。
過去の「悪者」探しを行い、「何が原因であったか」を調査するより、現状を客観的に認めた上で、プラス発想で行動をします。
6 時流をマクロに捉えて、柔軟に適応していく事をアスカティースリーの強みとしていく。
「適応」とは、環境の変化に後手後手に対応する事ではなく、時流を先取りする事が肝要であると考えます。
7 既にある良いものは、「TTM」(徹底的にマネる)を活用する。
すべてを「ゼロ」から発想しない、知恵を使って、応用する事でスピードアップを優先します。
8 1日3回「ありがとう」を仲間に伝え、同じように仲間から受け取る。
アスカティースリーに関わるすべての仲間に感謝と敬意を毎日示します。
9 行動優先。知っていても行動しなくては、知らないのと同一。
一流の店は、どんなに忙しくても、スタッフの笑顔が絶えません。批判がすべて正しく、的確であっても会社への貢献はありません。
10 値下げは自分たちの価値が下がります。
素敵なサービスを心がけ、自分たちの価値を高め、よろこんでお支払いをいただける関係を作ります。

PAGE TOP